介護の食事は家族の負担が増大する

近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。フレイルとは昔に比べて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、どんどん悪化し続けてしまうと介護が必要になる可能性が高いことをいいます。このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨や関節そして筋肉がうまく働かなくなったことが原因で歩行や座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、さらには寝たきりの状態になってしまう可能性が高いといいます。そして低栄養こそ、これまでに説明した悪い状態の全ての原因なのです。「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。そんなときは、身近にある食品をプラスして、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれた食事をすることがとても大事です。お腹が空いたとあまり感じられないとき、おかゆに頼ってしまっていませんか?おかゆはごはんより多くの水で作られているので、そのエネルギーは、たとえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。ですからただおかゆを食べるだけではだめで、それ以外に栄養のあるものを加えるようにして、不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。体力、そして抵抗力のなさを感じない体を保つためにエネルギーを、いつまでも体を不自由なく動かせるように質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。例えば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多く含まれている食材なので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、たんぱく質を摂るために、卵や豆腐を食べることをおすすめします。たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまた違う栄養素、例えばアミノ酸やビタミン・ミネラルの種類が豊富なので、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、長生きであるという調査報告もあります。年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、うまく水分を飲み込めないという類の悩みが増えてきます。介護用食品はどれだけ歳を取っても食事を楽しめるために、いかに食べやすいかを重要視した商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあります。家庭で介護食を作ることは決して容易なことではありません。介護用食品によって、ひと息つく時間が生まれたり、食べやすい料理をつくる手間も省けます。介護を受ける方もその家族も、どちらにとっても嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。完成された料理をそのままペースト状にして出すことが病院では一般的で、美味しさもその見た目もあまり良いものではありませんでした。入院中の高齢者の方の食事がスムーズに行かなかったのは咀嚼が困難なためではなく、見た目や味の問題がほとんどなので、家では完成品を丸ごとミキサーにかける食事は作らないと決意しました。病院で摂食嚥下障害看護認定の看護師さんに退院後の介護食の助言を求めたら、噛んだり飲み込んだりするのに負担のかからないものであれば何でもいいと教えてもらいました。介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。介護食は食べやすい状態にすることはもちろん、出来るだけ食事を用意しやすくするためにも、それを作るための器具はとても役に立ちます。介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。フードプロセッサーを使えば、大量の水を必要とすることなく食材を刻み、ペーストなどのなめらかな形状にまで対応しているため調理するのが楽になります。その他にもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することも可能です。よりなめらかな方が好ましい場合には、裏ごし器を使うと粒粒感がなくなります。加齢や疾患によって食べる力は落ちてしまいます。介護食は食事が思うようにできない方のための食事ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。安全で安心して食事をするための目安の指標として介護食は程度によって分けられています。どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食までの6段階にレベル分けし、それぞれの段階に合わせて食物の形や、やわらかさを統一することで、家庭でも病院や施設と同じように安全な食事を用意するために、とてもわかりやすく使いやすい指標です。老人ホームの食事は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、うまく嚥下や咀嚼ができない方の場合は、その方にあった調理方法で調理することが大切です。そしてさらに施設によってはもとからなめらかになっている食事ではなく、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、食事を味わえる調理方法を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。年齢とともに顔の筋肉が下がってきたり歯がもろくなってくると、 飲み込んだり噛むことも満足にできなくなっていきます。これまでと同じ食べ物を食べることが難しくなり、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、誤って食べ物が気管に入り「誤嚥性肺炎」を引き起こす可能性があります。他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃に比べてなくなるため、食べられるものが食べやすい食材などに限られてしまったり、そもそもの食べる量が少なくなったりして栄養が偏った状態になっている恐れがあります。見た目が良くて美味しそうな介護食を前にすれば、当然食欲も出ます。飲み込みやすさや食べやすさばかりを考えて、見た目も悪く、味もあまり良くないものだと、食に対する意欲が薄れてしまいます。食べる動作に無理は生じないか、飲み込みやすいかなど安心して食事ができるように最大限の工夫がなされています。お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。逆に水分が多くても、むせ込みの原因にもなるので、食べやすい食材を使用し、食べやすい形状に加工します。参考にしたサイト⇒介護 食事 宅配 ランキング